column

コラム

ライティングプラン

2019-02-12

ライティングプラン

 

昼間はきれいな色に見えていた壁の色が夜になると見え方が変わり

本当の色味がよくわからなくなったことはないでしょうか。

その現象は、単に暗いことが理由ではありません。

 

太陽の光が降り注ぐ昼間と、照明に照らされる夜ではそもそも光の色が違います。

 

住まいに使われる照明色としては、夕陽のような温かみのあるオレンジの光を放つ電球色

昼間の明るい太陽の光に近く自然に見える温白色、昼間の太陽より少し青みがかったクールな昼白色がありどれを選ぶかによって昼夜の見え方の差がどれくらいあるかも変わってきます。

 

室内で使われる照明の色によって変化する壁の色の見え方と使い分けのヒントなどインテリアとの関係は奥深いものがあります。

 

間取りプランニングに合わせた照明計画もじっくりとご相談に乗っております。

 

 

よく読まれた記事

ページトップ

>>